You are here:home»投資一般»長期運用は複利のメリットが満載

長期運用は複利のメリットが満載

On 2014年10月9日, in 投資一般, by admin

投資を行うにしても、色々なスタンスがあります。どのようなスタイルで自分は成長したいかを考えることによって、おのずと歩むべき方向性が見えてきます。まずは自分自身のビジョンを明確にすることによって、口座開設からはっきりと将来を見据えて決断することができるのではないでしょうか。

今回は長期運用を行う場合に必要な複利の知識についてを考えます。複利は元本に付帯される金利分を、翌年の金利が付帯される時期には元本+金利分を新たな元本をして見て、それに対して金利を付帯するというルールを指します。

反対に、元本にのみシンプルに金利が付帯されるのが単利と言います。長期的な運用を行うことを視野に入れた場合、どちらが効率良く貯まるかは一目瞭然です。だからこそ、投資を始めようと一念発起したのであれば、初めの設定をしっかりすることによって、損をしない運用スタンスを手に入れることが求められるのです。

黙ってお金を寝かせていても、効率良く貯めることは不可能です。いかにして効率化を図るかを考えていかなければ、せっかくの資金も無駄になってしまうのです。元手が少ない状態でも、どんどん利息が付帯される元本が大きくなる複利であれば、納得の資産運用に繋がるのではないでしょうか。

複利についてのお役立ち情報はこちらから
追記:長期投資をするなら、ヘッジファンドダイレクト高岡壮一郎社長の論考は必読です。

知らないと損する長期投資ニュース
about author

admin

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>